花屋さんの前に落ちていた子

目の保養のために遠回りしても青山フラワーマーケットの前を通って帰宅するクセがついています。先日お店の前を通った時、この子が床にハラリと落ちていました。葉っぱの切れ端みたいに小さかったので、「落ちてましたよ」とお店に持っていっても捨てられちゃいそうな風情です。多肉好きなこともあり、こっそりバッグに忍ばせて家に連れて帰ってしまいました♡


挿し芽にして数週間るすと、アンテナを伸ばすようにランナーがどんどん増殖して、ちょっと見たことない姿の多肉ちゃんが現れました。


世界中の多肉フリークをインスタでフォローしている私は、ついにこんな画像を発見しました!

拾ったあの子はきっとこんな姿になるのでしょう。せっせと栄養を送ってあげて、立派な姿をみせてもらいたいものです。どんなちっぽけな生き物でも、計り知れないパワーを必ず秘めています。


今でこそ音楽と出会って、生きる道を見出した息子は、何年間も真っ暗闇の中で彷徨っていました。自分の生きる道は、自分の生まれた意味は、一体何のために生きているのだと悩み続けた中で、大好きなドラムと出会い、音楽に全てを打ちこんでいます。


5年間も家に閉じこもっていたけれど、私は不思議と「あの子は大丈夫」という確信がありました。だから、思う存分、家に閉じ込もってもらって、やりたいようにやらせていたら、いつの間にか自分のチカラで巣立って行きました。羽が充分に育つのを待っていたかのように。


息子のライブを80になる母と一緒に見にいった時、「しんちゃん、よくここまで立ち直ったね、あなたが頑張って、見守ったのね」と嬉しい言葉をかけてくれたけど、私の力なんて本当にちっぽけで、生きる力が本人の中にしっかりとあったんだと思います。


花屋さんの廊下に落ちていた多肉植物のように、計り知れないパワーを秘めていて、どんな環境でも花開くエネルギーを持っていたから、私は安心して見守っていることができた気がします。


いま現在、頼りなげで弱っちくても、どんな子にも計り知れない力が備わっているから、お母さん、お父さんは、子供の力を信じてあげてほしい。家に引きこもりたいのなら、好きなだけ引きこもらせてあげればいいし、学校に行きたくないのなら、無理に行かせる必要なんて全くないのです。世界は広くて、学校なんて本当にちっぽけだから。


息子はバンドマン目指して爆進中です。個人的にはバンドマンの若い男の子たちに出会えるのが本当に嬉しくて楽しくて、そのうち写真を撮らせておらうつもり。嬉しい誤算ていうのかな?沢山撮りたい!


Kotonoha Factory

電子書籍の出版社「ことのは出版」の代表です。情報発信やお祭り騒ぎ、おしゃれするコトがだいすき。

0コメント

  • 1000 / 1000