装備をととのえ冒険に出る


ゲーマーだった私は、ドラゴンクエストもファイナルファンタジーも 1からリアルタイムプレイヤ―でした。 

"dfkだおkjふぉあjふぃおdんkfdsいd"というような、経験値の高さに比例して長くなる呪文をノートに書き写すのに、泣かされた人間の1人です。 


友達と待ち合わせのカフェに入るなり 

「ミンクのコートを手に入れたよ!」

「はがねの剣はもう売った」

などと嬉しそうに話すので、ハタから見るとかなり異様な女の子だったことでしょう。※30年位前の話になります。


月日は流れ、息子も同じようにゲーマーの道を辿りました。先日、私が「おばあちゃんになって暇すぎたら、FFオンラインをやろうかな…でも一緒に遊んでくれる友達いないかも」と言ったら、息子が 「そしたらオレと一緒に冒険に出よう!」と言いました。
 「オレと一緒に冒険」
 「オレと一緒に」
 「冒険」
… かなりの胸キュンものです。 実際のところは、私がおばあちゃんになった頃、息子にはたぶん家庭があり、嫁の機嫌をとったり子供と遊んだり、私とゲームどころじゃないでしょう。

けど、うれしい一言でした。前々から感じているのだけど、息子はたらしになる気がするな。女子のハートを射抜くようなセリフを無意識に吐くから。

Kotonoha Factory

電子書籍の出版社「ことのは出版」の代表です。情報発信やお祭り騒ぎ、おしゃれするコトがだいすき。

0コメント

  • 1000 / 1000