しごと人間

部屋に閉じこもって音楽もかけずに仕事に没頭すると、効率よくはかどるんだけど、時々、この世に1人きりなんじゃないかってほど、きゅうっと不安になることがあります。

そんな時はワンコを連れてお外にお散歩に行きます。散歩は日課だから、ではなくて、体をきちんと休めてあげるために行くのがいいそうです。

外に出て少しだけ気持ちのリセットができたけど、机に向かうとまた若干憂鬱になってしまった。気がかりなことがあるから…それが引っかかってるみたい。

ふうっと息を吐くのと同時に、男友達からLIメッセージが届きました。なんてことない内容だけど、いつもの柔らかい口調と、ぶっと吹き出しちゃうエピソードを教えてくれて、気持ちはかなり丸くなりました。

これだけのことなのに、モヤモヤは吹き飛ぶというか、私が単純なのでしょうか? 友達の力ってすごいなぁ。

ハーブティを取りにキッチンへ向かい、今度は彼にメッセージしてみました。今週は多忙だろうから、あまり連絡してなくて、「いやいや、大人対応だな、わたし…」なんて悦に入ったりもしたけど、本当はすごく会いたく気が気じゃないのね(笑)。

「頑張ってる?」と聞いたら、「ちょっと死んでるw」のだそうです。彼は本当にいつも忙しくて、仕事が大好きな仕事人間なんだけど、そんな彼だから大好きなのです。平日の早い時間からサボったり、時間を見つけて会いにくるようなことされたら、絶対に嫌だとわ思うのね、あまのじゃくだけど。夢を追ってる姿が好きだから。

若い頃は自分のことだけ見ていてくれなきゃイヤだったけど、そんなにいつもこちらを向いてられるのも窮屈だし、勝負で勝ち続けるすがたに惚れ惚れしてたいのかな。…もちろんダメな時は抱きしめてあげるんだけど。

…夜中に書いているので、どうでもいいことを長々とごめんなさい。この画像のような部屋に住んで見たいなと考えていたら、こんな文章になりました。

Kotonoha Factory

電子書籍の出版社「ことのは出版」の代表です。情報発信やお祭り騒ぎ、おしゃれするコトがだいすき。

0コメント

  • 1000 / 1000