あとは死ぬまで生きるだけ


今関わっているプロジェクトは、荷が重すぎることが多々ある。
なぜならロジカルに理解する力が、著しく低いので…。
冗談抜きに、平均をかなり下回る理解力なのです。

「向き不向きじゃない。
 むずかしく考えすぎているだけ、できるまで絶対にやらせる」


私が降参することを、彼は決して許してはくれない。
わからないという私と、わからないと思い込んでいるだけ
という彼と、去年の秋からもうずっと平行線。


だけど、この言葉は、わたしの心にスッと入ってきて
「それは確かにイヤだ」と納得した。


「人間は考えるためにあたまがある。
 考えることを放棄した時点で、老化が進む。」

「あとは死ぬまで生きるだけ。
 そんなの嫌でしょ?」


それはそうなのだけど。
それにしても、私だって女の子だ、か弱い女なのだ。
誰かに身をゆだねて、生きていくことをなぜ許されない?
自分でがっつり生きていく道しか、示されないこの人生笑。


「僕は魚をあげるのは嫌い。
 魚を取る方法を教えます」


という彼には、絶望的に甘えることができない。

たまには甘えてみたいのに。
ベタベタベタ~っと依存してみたい。

Kotonoha Factory

電子書籍の出版社「ことのは出版」の代表です。情報発信やお祭り騒ぎ、おしゃれするコトがだいすき。

0コメント

  • 1000 / 1000