クールにお届けものを制作

大阪で修業を積んでいる友達は
超クールで感情をあまり表に出さない。
私はというと、分かりすぎるほどに
喜怒哀楽がハッキリしているので
彼女のように低体温動物ぼい静かな雰囲気にかなり憧れる。


が、ある時、こんなことを言っていたから、引っかかった。

「私、表情が一切変わらないのだけど
 ある時気づいてたら心が死んでたってパターンなの笑」


しかも、最近は拒食と過食を繰り返している感じで
今日も朝から何も食べてない…なんて言う。


彼女の仕事(修行中)は強い精神力が必要なので
心に余裕がなくなってキツくなると
人知れず勝手に死亡しているに違いない。

母心を刺激されまくったので
煮豚と煮たまごを作って送ることにした。

煮豚も煮たまごも、どちらもタンパク質なので
ちょっと口にしてもらえれば、栄養を摂るのとができる。
刻んでチャーハンに入れてもいいし、レタスで巻いたっていい。

とにかく食べてくれれば…。


そもそも手作りの食べものには、作り手のパワーが入るので
「元気になりますように」「にっこり笑ってね」
という気持ちをたんまり込めて、作り上げた。

料理はあまり好きではないが
「誰かのために」作るのは好きだ(変なの)。
今も煮豚第2便を煮込み中で、他のお友達にあげる予定。わくわく。

で、クール宅急便て、皆さん送ったことありますか?
遠く離れた地で、子供が一人暮らしな訳じゃなし
自分も一人暮らの経験すらないから、
クール宅急便が送られてきたことなどない。
なので検索 GO。


ネットから申し込むと、集荷に来てくれるらしく
「クール宅急便」と指定すれば、速攻で車の冷蔵庫に入れてくれるそうな。
宛名も予めネットで記入しておけば伝票もいらない。
乱暴な字で慌てて殴り書きしなくてもよい。
なんと便利な世の中になったことか。
…うちの息子も一人暮らししてくれないかしら。

子離れすることができずに、どうでもいいものを色々送りつける母になってみたい笑。


さて
煮豚も煮たまこもできあがり、さあ、どのような容器に入れるのか。
聞くところによると、プラスティックの箱ではなく、
通気性のよい段ボールが好ましいようである。


早速スーパーマーケットへ物色に行くと、
パートのお母さん達が品出しの最中だった。
納豆やかまぼこの箱が、小さくてちょうどいい感じだ。
納豆部門へいき、恐る恐るお尋ねてみた。

「すいません、この箱って頂けますか?」

お母さんはニコニコしながら
「いいわよ、新しいの開けようか?どれがいい?」

と、床に散らばっている方ではなく、
カートの上にある未開封の箱を開けるよという。


「煮豚をちょっとだけ送りたくて。
 箱って家の中に意外とないものですよね~」と言うと
「そうよ、適当な箱ってないのよね~!アハハ!」と快活に笑ってる。
「底のテープもはがそうか?」とまで気遣ってくださって…。
こういう人をキレイっていうんだよなぁって、やさしい気持ちに包まれてしまった。


そして、煮豚はいま、宅配便のお兄さんが受け取ってくれました。
明日の夜には大阪につくそうでう・・・・感無量です。
それと同時にiphone専用マクロレンズが届きました。
いいことばかりの土曜日だな!


Kotonoha Factory

電子書籍の出版社「ことのは出版」の代表です。情報発信やお祭り騒ぎ、おしゃれするコトがだいすき。

0コメント

  • 1000 / 1000